偽物が多く出回っている医薬品

通販などで今や薬が販売される時代であります。
少し前までは薬自体の通販は禁止されていたのでありますが、現在は、販売しても良い薬が増えてきている状態になっています。
さて、そんな中通販での薬の場合で個人輸入での販売をしているものがあります。
この個人輸入での販売の薬は、ほとんどが国産ではなく外国製品な物ばかりであります。
価格に安く販売されています。
そんな個人輸入での薬は、偽物が多く出回っている医薬品だという声を良く聞きます。
約60%程の個人輸入の薬はニセモノだと言われております。
ある国にでは薬を製造している工場が衛生上悪い所で製作していることも言われております。
また保管方法は雑なために薬としての衛生面がなっていないものもあると言われております。
そんな薬を実際に服用した場合、その本来の薬の効能が効かずして別の副作用が酷くなったり一つ間違えると死にも襲われる場合もあると言われております。
恐ろしいわけでありますが、個人輸入の薬が全て偽物だと言えない点もあります。
実際に効果が出たという方もいるわけであり、役に立ったという方も多くいます。
また販売している個人輸入の販売店もニセモノは無いと自信をもって宣伝している所もあります。
個人的な判断となるわけでありますが、購入前はよく検討してから購入をすると良いです。